サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島とセレッソの監督更迭

 昨日、広島の小野監督・更迭か?なんて書いたけど、辞任されたとの事。止むを得ないでしょう。

 またセレッソ大阪の「小林」監督は解任とのこと。こちらの方も、すでに先月から去就が取りざたされていたので、驚くに価せず。
 
 「広島」と「C大阪」・両クラブの今回の決定というか、監督交替という処分は、適切と評価したい。ずるずると引きずり続けて傷口を広げるよりは、分岐点を設定しておいて見切りをつけるべきだからだ。まだ4月なのに、8節終了時点なのに、という声もあるかも知れないが、リーグ戦はまだ序盤戦だから、ここで決断してよい方向に行けば、中位を狙えるし、ナビスコも天皇杯もある。

 さて二人の今後の処遇だが-----
昨日、指摘した通り、小野氏は今後は、スカウティング担当としてその高い分析能力を活かしてもらいたい。
 小林氏は、まだまだ監督として活躍してもらいたい。セレッソは、昨年でチーム力がピークを過ぎて、今年は一気に下り坂をかけ落ちるような状態で、間違いなく、シーズンオフの強化に失敗したと思われる。監督の采配に関しては、まだ衰えるほどの年齢でもなく、むしろ、良い経験になってるのではないか。

 J2・あるいはJFLで、JⅠ入りを狙っているクラブで、うまくいってない所や、表面化してないが、実は内部で問題を抱えている所などは「小林」氏と即刻、契約交渉に入るべきだろう。夏あたりを目処に監督就任を目指せば良い。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/77-177b145f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。