サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝・FC東京が順当な勝利

 天皇杯はFC東京がめでたく優勝してACLの出場権を得た。
ゲームの方は誰が見ても圧勝、完勝だった。リーグ戦での対京都戦の
4-1・6-1の結果は順当なものだったのが判ったし、対戦する前から
FC東京の勝利も決まっていたようなものだった。

 あの内容から判断すれば、相性とかではなくて戦術的な面が大きく、
J2の上位陣や、今回、天皇杯で対戦したクラブなどは、京都に勝たない方
がおかしいと言うのが正論である。

京都の、正確に言えば大木監督の取った戦術は極めてバランスが悪かった。
ショートパスを繋いで手数を掛けて狭い局面に人数を集中して攻め込む、
このやり方だと、攻撃はピッチの一部しか使わない事になるので、守る側は
絞りやすい。ボールを奪った際には逆サイドに広大に存在するスペースを
効果的に(それも驚くほど楽に)使う事が可能となる。

 逆サイドにパスを出せば、一気にチャンスが作れるのだから、東京のように
手数を掛けずに、走りまくるクラブにとっては笑いが止まらない展開が待って
いるのだ。
 考えて見よう。片方の狭い局面でショートパスを多用して人数を掛ける。
逆サイドがスカスカになるのは当たり前であろう。相手側も守備に人数を掛けて
守るから、例えカウンターを食らっても威力が低下するし、相手もパスを回して
手数を掛けて攻め込んでくるから大丈夫という分析があるのだろうか?

 これは、ある意味では、J1の各クラブのサッカースタイルの欠陥を意味
している事になると思った方が良い。
カウンターアタックで京都のDFの人数が少なければ、一気にシュートまで
持ちこむ。特に、この日のルーカスや石川のように速さと突破力があり、
積極的にゴール前まで走り込む選手が前線に居るクラブは、バカの一つ覚え
のように緩い横パスとバックパスを回して手数を掛けて攻めるのは間違いだ。

完全にキチガイの戦術
狂った采配と自覚しなければいけない。


自覚出来ない指導者は精神病院へ叩きこまないと日本サッカーに未来は無い。

FC東京はカウンターから何度もチャンスを作ったし、攻撃ラインにもっと
能力の高い選手、例えば前田(ジュビロ)や清武(セレッソ)香川等の
選手が居たら、控えめに見ても、後10点以上は確実に得点できたと思う。

この大木をコーチに招いたのが岡田で、大木の理論や戦術に深く共鳴したと
伝えられているが、南ア大会の予選や、親善試合の韓国戦(埼玉)での
ボールポゼッションは高いがなかなか得点できないし、カウンターに大苦戦
したゲームも、なるほどと納得出来るではないか。
韓国に絶望的な大惨敗を屈したのと、今回の天皇杯で京都がFC東京に
お笑いのような完敗だった根源は同じなのだ。

サイドチェンジを使わない偏ったバランスの悪いサッカーの哀れな末路。
京都には23歳以下の有望な若手があれだけ居るのに、この妄想のような
サッカーをやらされるのは本当にかわいそうだ。

それが、この天皇杯から得る教訓である。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/771-3d4122b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。