サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブライセンス制度を歓迎する

Jリーグが2013年から導入する「クラブライセンス制度」の概要を公表した。

 重要なのは競技面や施設面ではなくて、財務や人事組織面だと思う。
スタジアムの収容人数とか照明のルックスとか、リーグ戦の順位の事ばかり
に重点を置いて取り上げるのは、サポーターや地域住民や自治体に、過ちを
繰り返す要因になるから辞めてもらいたい。

 特に注目するのは、直近のシーズン3期連続で赤字になったり、債務超過に
陥ったクラブは、ライセンスが交付されずに、JFLなどの下部リーグへの降格に
なるという点である。本来は、もっと早く導入されるべき事だったのだから、
やっと基準を決めたわけで、Jクラブが地域密着のスポーツ組織として、
健全な道しるべを与えられたという事だ。

 これによって、一年でも早くJリーグ入りを望むあまり、3流選手やピークを
過ぎたベテランに対して、狂ったような人件費の大盤振る舞いを行ったり、
収支を無視した強化費の奮発なども激減すると期待したい。

 要は強いチームを作る事よりも、まずはクラブの基盤を固めなさい。
スター選手や日本代表選手が居なくても、地域に密着して住民や地元企業に愛されて
組織も運営も財政状態も悪くない、後は競技力だけという体制を作り上げておいて
【満を持してJ2へJ1へ昇格する】それが理想ではないかと思う。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/773-98447715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。