サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対シリア戦の考え方

 いよいよロンドン五輪予選、アウエーのシリア戦が近づいた。

 ホームでの対戦で観た通り、シリアは非常に強い。
当初、組み分けが決まった時には、日本の五輪出場はほぼ決定と思ったが、
実際に対戦してみると、どちらが勝っても不思議ではないほどの内容で、
アウエーでは敗戦の可能性も充分に考えられた。

 ヨルダンが中立地かどうかは疑問だが、とりあえずシリアで開催されずに
済んだのは朗報である。

現在の勝ち点と、残りの対戦相手との戦力差を考慮すれば、このシリア戦は
引き分けでも十分なのだから、無理攻めをしてスペースを与えたり、主力選手を
フリーにしてはいけない。決定力が無くて無得点で終わっても、失点しなければ
0-0で終わる。この結果は事実上、日本が五輪出場に一歩近づいた事を意味する。
だから、まず守備を固めて堅実な戦いを行い、冒険を避ける事を最優先に、ゲームを
進める事を心掛けてほしい。

シリアは勝たなければ、敗退の可能性が大きくなるから、得点できそうな時には、
かなり大胆に来るかもしれないが、もし、守備を固めてカウンターを狙う作戦で
来たならば、日本は調子に乗って前掛かりになるような愚かな戦い方は、絶対に
しないように。

シリアがガチガチに守備を固めてきたら、日本も攻めないで、時間が過ぎるのを
待てば良いだけだ。

 ここで0-0の引き分けでも、マレーシアには勝てるだろうし、バーレーン戦は
日本のホームで行われるのだから、そういった事を頭に入れてゲームに臨んで
もらいたい。
 もちろん、先取点を奪えたら最高で、残りの時間は、攻めに出た時には、手数を
掛けないでカウンターアタックで追加点を狙えば良い。

シリアは決して格下の相手ではない。

0-0の引き分けでも良いのだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/774-734586fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。