サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権田をキャプテンにしよう

 日本協会はFIFAに対して最終戦の同時間での試合開始時間の働きかけを
行ったり、海外組選手の招集に溜めに各クラブに要請する努力を続けている。

そういった必要な努力は評価したいが、一番大事なのは、2試合で大量得点する
事だから、短時間で選手の意識を改革する事が重要で、メンタルトレーニングが
必要だ。その一環としてキャプテンを山村から権田に変更したらどうだろう。

山村は、おとなしくて覇気を感じないし、チームが苦しい時に周囲を引っ張って
いるような雰囲気が見えない。闘争心も見えず物足りない。
 権田は、シリア戦での汚名を返上する闘志に燃えているだろうし、あの試合
でのミスを除いては、強いキャプテンシーを感じる。あのようなミスをした
人物を逆に公に責任ある立場にする事でチーム全体に活を入れる事が可能と思う。

 シリアは守備はそれほど強くないから、最終戦の対マレーシア戦では、
大量得点を狙って前掛かりになると、マレーシアのカウンターアタックで
失点する可能性がある。買収工作さえ無ければ、まだ可能性がある。

 日本は主力選手に負傷者続出でピンチと言う見方もあるが、
あの編成では中盤でのパス回しよりも、ゴール前へ仕掛けるタイプの
「原口」「杉本」が中心になるシステムになると予想するし、永井ももっと
活きてくるだろう。

むしろ災いをピンチではなくてチャンスに替える可能性が出てきたのだ。

日本はマレーシア戦はもちろん、最終戦、ホームでのバーレーン戦でも、
1点でも多く得点してシリアにプレッシャーを掛けられれば良い。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/778-a7823c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。