サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対アイスランド戦から見えた事

 アイスランド戦は順当な勝利だった。このゲームで重要なのは結果ではなくて
内容だが、国内組で招集された選手の中で、どれだけ使えそうな人材がいるか、
それを見極める事だったと思う。

合格点は「増田」で、経験不足とアントラーズとのゲーム運びの違いが相当に
あったはずなのに、90分間無難にこなしたのは大きな収穫だった。順応性が高い
選手だと思われるから、今後さらに期待できそうだ。

槙野も良かった。あのテクニックと攻撃センスはDFにしておくのはもったいない
位で、もし3-4-3システムにしたらMFでの起用も十分に考えられる。修正点は
守備の軽率さで、PK以外の場面でも、サイドのスペースを簡単に突破されてピンチ
を招く事があったので、もっと守備の意識も高めてもらいたい。

 藤本は招集されて出場した代表戦ではベストだったのではないか。
得点場面では落ち着いて綺麗なループシュートを決めたし、ボールを持つと何か
やってくれそうな期待感を持たせてくれた。

柏木は後半に出場した中村憲剛と比較すると物足りなさを感じたし、トップ下で
もっと、持ちこたえてくれると周囲が大分助かるのだが、このゲームでは、前半の
チャンスのほとんどに絡んでいるので貢献度は大きかった。

 逆にガッカリしたのが「大久保」で、完全に空回りの状態でミスを連発していた。
「もう終わった」と評価されても仕方がないだろう。
石川は、ボールを持つ機会が少なくて不完全燃焼だったが、ドリブルする時の、
あの独特のボール運びが、リーチの長い相手には、カットするにはちょうど良い
タイミングとなってしまい、突破する前に引っかかってしまった。

 欲を言えば「柴崎」を見たかった。間違いなく遠藤の後継者になり得る人材
だから、遠藤が健在のうちに一緒に、同じピッチでプレーさせて、遠藤の良さを
吸収させるのがベストだ。
 また、なんでU-23に招集されないのかも不思議な事だと思う。今のU-23
は、慌てて落ち着きの無いいゲーム運びが目立つ。柴崎をボランチに起用すれば。
上手くコントロール出来るのではないかと期待してるのだが、どうだろう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/780-a686fca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。