サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0-1の敗戦、対ウズベキスタン戦

 W杯アジア3次予選の最終戦の対ウズベキスタン戦は0-1で負けた。

 結果は0-1だが内容的には、ハッキリ言って惨敗といえよう。
ザッケローニ就任以来、最悪の内容のゲームであり、完全な采配ミスである。
選手の意識も意欲もザックの采配自体も全て最悪だった事で、最終予選に向けて
悲観論が高まると思われるが、問題点と、改善点が明らかになったのは幸いと
開き直るしか、収穫が無い程のお粗末なゲームで、これで入場料を取って良いの
だろうかと酷評を浴びるべきだろう。

このようなゲームで負けるならば、0-1ではなくて、カウンターから生まれた
決定的なチャンスを決められて0-3で負けた方が良かった。

誰が見ても一目瞭然だったのは、海外組のコンディションの差が大きくバラツキが
目立った事だ。出場機会の多い「長友」「岡崎」に対して、少ない「長谷部」
「内田」は、身体の切れが悪くて、ゲーム感覚がズレており、動きの量も質も
代表レベルのものではなかった。それに加えて欧州から日本への移動の負担も
影響していたのも見過ごせず、DF、MFのヨコとタテの関係も悪く、初めて
一緒にやってギクシャクしていたような錯覚させ感じさせた。

 スタメン起用された藤本は、アイスランド戦のような期待感は見られず、
時間の経過と共に、プレーが消極的になっていった。
ハーフナーの足元のぎこちなさは、目を覆うばかりで、ポストプレーが出来ない
ようでは起用法も限定されてくる。また李は論外で、相変わらずの空回りに加えて
ファウルの多さと、競り合いの弱さが目立つ。この二人は、もっと鍛えられてから
でないとレギュラーで使うのは難しい。

A級戦犯は遠藤である。正確に言えば、前半で見切りをつけなかったザックだが、
遠藤は、厳しくマークされていた点を差し引いても弁護のしようがなく、同様に
厳しくマークされた香川が、チャンスを作ろうと懸命に動き回っていたのとは
極めて対照的だった。CK以外の場面では、ほとんど空気のような存在で、
ゲームから完全に消えていた。長谷部そして遠藤と代表の中軸の二人のボランチが
機能不全では、代表チームの運命は決まったも同然であった。

全体として、弱い横パス、バックパス、緩いショートパスが多く、サイドチェンジが
全く見られなかった。特に後半はそれが顕著で、ウズベキスタンが日本のパス回し
に振り回されるのではなくて、日本は早いプレスにあって追いつめられて後方に
ボールを戻した揚句に、ミスを誘発してピンチを招いたのだ。

海外組のコンディション、移動と休養、日頃のゲームの出欠からくるゲーム勘の差。
そういった点を考慮した調整や招集を行った方が、選手と所属クラブ、日本協会、
いずれにとっても良好な物になるのではないだろうか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/782-f0550d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。