サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終予選の組み分けのスポーツ紙の見出しを予想する

 もうすぐ、FIFAのランキングが発表されて、W杯最終予選のシード国が
決定するが、マスコミ各社、特にスポーツ紙と夕刊紙が、どんな見出しを付けて、
組み分けについて論評するかは、大体想像というか予想がついてると思う。

 日本は「死の組」に入っただ

組み分けに関係なく、日本が入る組は、日本だけが死の組としてピンチになる。
スポーツ紙は、いつもそうだから、今回もそのような見出しを見ても、
慌てて、お金を出して買ったりしないように。

おそらく原稿の下書きは出来あがっていて、後は、同じ組みに入る国の国名を
書くだけっていう状態になってるかもしれない。

セルジオ越後なんかは、日本と同じ組に入った国は喜んでるって書くだろう。
以前にもどこかで同じような事を書いて、日本が勝ちぬいた後は、言い訳も謝罪
も釈明もせずに、知らんぷりという厚顔無恥ぶりを全国民の前に曝け出したのは
皆が記憶していると思う。

直近のゲームで韓国に圧勝したとか、アジアカップでオーストラリアに勝ったとか、
韓国が大苦戦してあわや3次予選敗退の危機とか、イラクが弱小のシンガポール
と中国が一緒の組み合わせで楽な組だったとか、そういった日本にとって有利な
事項は完全に無視されて、都合の悪い項目だけをクローズアップするに違いない。

 「オマーン」「ヨルダン」 「バーレーン」「レバノン」の扱い方は、
矛盾に満ちた記事を書く事も十二分に考えられるから、笑って読もう。

危ない、ピンチだと煽っていた方が、もし敗退した場合、本誌の指摘通りと
言えば良いし、勝ったら勝ったで、ヒーローを祭り上げてお祭り騒ぎをするだけ。

いいですか、
原発事故~放射能騒動を振り返ってみましょう。
東京が危ない、死の灰が降っていると煽った週刊誌の編集部や本社機能が、
首都圏から西日本に移転しましたか?家族や親類は全員引っ越しましたか?
それはラジオもテレビのワイドショーも同じです。

そんな連中の記事も発言も説得力がないのは当たり前。

そして、そのような危機煽り方針が、サッカーにも適用されてると考えれば良い。
もちろん、勝負事である以上、日本が負ける可能性も少しあるけれども、
初めから「死の組」って決まってるんだから、もうメチャクチャだ。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/784-6b62165d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。