サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南対京都は面白かった

 J1より一足早くJ2が開幕した。
湘南対京都は面白かった。特に湘南のサッカーは、明らかに対京都を意識した
戦い方で、なぜ去年はこのようなゲームが出来なかったのだろうかと不思議な
感じがしたが、監督が代わったのが大きかったようだ。
 京都の速いショートパスとドリブル攻撃に対して、中盤からの速い潰しと、
勇敢なタックルが目に付いた。けっして受け身に立たずにガンガンと行った
のが良かった。それもガムシャラに当たって行くのではなくて、タックルが正確
だったし、フィジカルでは完全に勝ってた。

 攻撃ではサイドにポッカリとスペースが出来る京都の弱点を狙って、約束事が
徹底されていた。ボールを奪ったら、まず横にパスをするのではなくて、
前に、縦に攻める。DFもMFも一気にスピードドリブルで突進するか、サイドに
早めにミドル、ロングのパスを出して、両サイドを効果的に使っていた。

まるで一昔前の韓国のチームみたいだったが、監督が韓国人だった事も影響している
のかどうかは不明だが、京都戦に関しては、反町よりは数兆段優秀な采配だった。

 京都に勝つ為には、こうしたら良いという手本のようなゲーム運びだった。
元旦の天皇杯決勝を見れば判るように、京都は、あの攻撃戦術を採用している為に、
守備に回った時には、必ず両サイドのどちらかが人数が不足してスカスカになる。

他のJ2のクラブもこの日の湘南の戦い方を参考にするべきであろう。

京都は、天皇杯決勝での印象とほぼ同じで、速いショートパスとドリブルの攻撃は
、見ていて面白いし、楽しいと思う。しかし、残念な事にプレーエリアが狭すぎる。
おそらく中東のチームが相手だと、岡田の日本代表がそうだったように、ゴール前に
壁を作られて跳ね返されると思う。このゲームでも湘南の強いボディコンタクトと、
果敢なタックルに合って、速いパスワークを中断されるシーンが目立った。
後半の途中からはDFラインから、早めに前線へロングボールを出す攻めが主体に
なったが、両方の攻めをバランス良く使いこなせれば、対戦相手は混乱するはずだ。

 攻めに使ったエリアの逆サイドの守備がスカスカになるという守備の弱点の解消
に取り組むべきで、もし湘南にシュートミスが無ければ、4~5点取られて大敗しても
おかしくなかった事を認識するべきであろう。

 湘南のゲームキャプテンの遠藤は良い選手だ。まだ19歳か、あれで空中戦が
強ければA代表の候補に、少なくともU-23の代表でテストする価値はある。

それと京都の先取点の前にあったプレー、最初の接触プレー、次のタックルと、
二回とも完全にファウルだし、主審の位置からは見えてるはずなのに、なぜファウルを
取らなかったのか実に不思議だ。
 
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/785-d26c0f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。