サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終予選の組み合わせを楽観的にみる

 アジア最終予選の組み分けが決定したが、普通に見れば、実に良い組み分けで
、また楽観的に見れば、2014年W杯出場は、ほぼ決定したも同然である。

B組は「オーストラリア、日本、イラク、ヨルダン、オマーン」で、
順当に行けば、オーストラリアと日本の指定席で、3位を残りの3カ国で争う。
という構図が見えてくる。

 FIFAランクが下がり、第1シードから外れたのが幸いした。
第1シードだと、最悪、日本以外の4カ国は中東で、そのうちの一つは、
強豪イランになった可能性もあったのが、オーストラリアと同じ組になった結果、
中東遠征が一つ減って非常に良かった。過去、気候や移動や宿泊施設などで
悩まされてきたのを思えば、本当に良かった。しかも、イランと共に2シードと
いう事で、中東実力・№1のイランと同じ組にならずにすむという願っても無い
組みわけだ。イランと別になった事で、あのテヘランの大観衆の完全アウエーの
中の過酷なゲームを行わないで済むのだ。

 オーストラリアには、アジアカップ決勝で勝った実績があるし、
オーストラリアの黄金期を築いた主力の欧州組がピークを過ぎており、Uー23は
五輪予選で惨敗、若手への世代交代という課題がある。また3次予選でのオマーン
とのアウエー戦では負けている。高さとパワー対策として右サイドBKを内田では
なくて「酒井」CBのコンビを「トゥーリオ」「吉田」で組めば、アジアカップの
時よりも強力になる。

イラクとヨルダンは、3次予選のグループの相手が「中国」「シンガポール」で、
一番楽なグループだったのを忘れてはいけない。中国が有力なんて予想したのは
サッカー無知の証拠で、最近の中国はレベルダウンが著しい。だから日本に
サッカーの勉強に来たんじゃないか。
選挙で言えば、定数2の選挙区に有力2候補と泡沫候補の2候補が選挙戦を戦った
ようなものだから、勝ちぬいて当たり前。負ける方がおかしいのだ。
だから、それほど恐れる必要はない。特にイラクは治安が不安定で、ホームゲームが
出来ないのだから、ある意味、五輪予選のシリアと共通したハンディを負っていると
いえよう。ゲームが始まる以前に、他の4カ国よりも不利な立場に居るのだから、
日本にとって厳しいという分析は完全に間違っている。更にイラクにとって大きな
ハンディとなる危険性があるのが、監督がジーコだという厳しい現実である。
ザック体制になってからの日本代表の戦術は、ジーコ時代とは大きく変化している。
過去の体験は全く参考にならないだろう。むしろ過去を知っている事で、分析や評価
を誤る可能性もあるのだ。

そしてヨルダンとはアジアカップで対戦しているが、あの時の日本は、まだまだ
チームが不安定で、ベストとは程遠い状態だった。

オマーンは情報が少ないので不確定要素があるが、3次予選のビデオのチェックと、
今後のテストマッチをスカウティングすれば良いだけで、3次予選の相手が
「タイ」「サウジ」だったが、神経を使えば、サプライズと見るだろうが、
アジアカップ以降のサウジは落ち目街道まっしぐらで、むしろサウジに問題があった
という考え方も出来るのだ。ホームではオーストラリアに勝ったから要注意なら、
逆に言えば、前述の通り、【オーストラリアはアウエーで負けた】という物の見方を
するべきであろう。そもそも、オーストラリア自体がアジア地区に来てから、
中東でのアウエー戦の経験が少ないのだから、欧州組のコンディション不良や、
気候やピッチ状態等の影響で、思わぬ敗戦という結果は少しも不思議ではない。

そしてヨルダンとオマーンの両国は「日本戦のアウエーゲーム」の経験が貧しい。
A代表レベルでは、初めてのアウエーの公式戦を戦う選手ばかりならば、それは日本
にとって不利ではなくて有利な材料となる。それはタジキスタンの前例がある

以上のように分析すると、組み分け発表の時点で、2014年W杯本大会出場は
決まったも同然なのが判ると思う。皆、今夜は前祝いで祝杯を上げよう。

おそらく、ここで指摘したような事は、明日のスポーツ紙各紙には掲載されずに
悲観論や危機感を煽る記事のオンパレードになるだろうから、楽観的な見方として
参考にしてほしい。



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/787-1288093f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。