サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べガルタ仙台がやってるのは当たり前の事にすぎない

 Jリーグが開幕して2節終了の時点で「べガルタ仙台」と「FC東京」が
2連勝と好調だ。特に仙台は「鹿島」「横浜マリノス」と強豪に勝ったが、
昨シーズン同様に、堅固な守備が特徴だが、特別な事は何もしていないのが
判ると思う。

 前線からの早く厳しいチェックに、当たりの強さに深いタックルだが、
「当たり前の事を普通にやっているだけだ」

つまり他の大多数のクラブが守備を軽視するか、恐ろしく下手でお粗末なだけ
に過ぎないと思ってもらいたい。基本は守備だという事を自覚していれば、
まず、守備の構築からチーム作りを始めて、走り負けずに粘り強く守って
攻撃はボール奪取したら、手数を掛けずに一気に相手の弱点を突く。

これって当たり前の事だ。出来ないクラブや選手は間違ったチーム作りを
しているし、理解出来ないサポーターは狂ってる。

エムボマが始めてガンバに来てJリーグの感想を聞かれて、言った言葉だが、
「随分、得点が入るリーグだな」だったのを覚えているだろうか?
その当時、Jリーグが誕生してからサッカー界に参入&乱入してきたマスコミや
芸能人、文化人、サポーターの間では「サッカーは点が入らないスポーツ」と
盛んに言葉や文字で表明されていた。

なにしろ、
「カバーリングはしない、出来ない」
「下手なスライディングタックルの連発は、単なる突撃で抜かれに行ってるだけ」
「ボールウオッチャーになって、FWを簡単にフリーにする。裏を取られる」

 海外のクラブで活躍する日本人選手の報道でも、サイドバックなのに
「得点やアシストをした」
「得点に絡んだ」
「積極的に攻撃に参加した」
といった点を強調して、選手の評価を行う基準であるかのように扱っている。

そういった守備軽視の風潮が、Jリーグの各クラブの戦い方やチーム作りに、
非常に悪い影響を与えていると決めつけて間違いない。

判りやすい例を上げれば、
もし「国立で0-1で負けた対ウズベキスタン戦の日本代表」がべガルタ仙台と
ゲームをしたら、記録的な大惨敗をするはず。仙台の守備の前に、相手を完全に
崩さないとシュートを打たず、フリーでパスを受けても必ずトラップして手数を
掛ける。長谷部以外は、ミドルシュートやロングシュートは絶対に打たない
日本代表は、シュートも打てずにバックパスと横パスを繋ぐだけだ。

今シーズン、2年連続で仙台が守備の強さと、速く手数を掛けない攻撃で、好成績を
あげたら、J各クラブは猛省しなければいけない。守備をおろそかにした選手育成、
チーム作り、戦術に采配、もういい加減にやめて欲しい。もっと守備の大切さを真剣に
考えるべきだ。

リーグが中断した時期にはミニ合宿を張るのも良いだろうが、その時にはパス回しの
コンビネーションではなくて、徹底した守備のスパルタトレーニングを行った方が
レベルアップの近道だろう。

繰り返しになるが、仙台は特別な守備をしているわけではない。
当たり前の事を普通にやっているだけだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/790-41684837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。