サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKBSの「なでしこ番組」の川淵氏に感動した

 3月26~28日の3日間、NHKBS放送で「なでしこ」特集の番組を、
放送しましたが、自分も手持ちの資料を提供して番組作りに協力出来ました。
自分は第1回の女子選手権(巣鴨・三菱養和グランド)の決勝戦を観てます。
82年の最初の日本代表合宿(千葉県検見川東大グランド)も観に行きました。

 昔は一般家庭には、DVDどころか、録画用のビデオデッキは無いし、
女子サッカーのテレビ中継もなかったから希少価値があったのかも知れませんが
、何が役に立つか判らないけれども、とりあえず、プログラムや半券、その他、
希少価値のありそうな記念グッズは買って保存しておく事を勧めます。

 番組中で映像が流れた、あのイタリア対日本代表戦(西が丘サッカー場)は、
スタンドでライブで観戦してます。結果は大敗ですが、内容的には健闘した方
だったと思います。

あのナレーションの女性の声と話し方、それにBGM、凄く良かったですね。
単なるスポーツ番組というよりも、女性を扱ったドキュメントとして適切だった
と評価したいと思う。

 番組の中で興味深かったのが「川淵元大尉殿」がインタビューに答えていた
場面で、

★1・
Jリーグ発足の際に、女子チームを持たなかったのは、ユースやジュニアユースを
持った為に予算が苦しかったからだという趣旨の説明をした事。
★2
次の場面では、自分は女子サッカーに興味も関心も無かったと明確に発言して、
記録に残し、「歴史的証言」として、今後有効に使えるようになった事。
★3
最後に、アジア大会での女子代表のゲームで、
倒れてもすぐに立ちあがったり、審判に文句を言わないのを観て、感動したので、
女子に関心を持ったといった趣旨の発言を行った事。

これを繋げてみると、Jリーグ発足の際には、予算的な事よりも、女子サッカー
に興味も関心も無かったのが、女子チームを保有させなかった理由として考える
事も解釈出来る事。ついでに触れておくと、Lリーグの参加企業が女子チームを
次々と解散した時に、川淵氏が、どのような支援策をとったか、企業に存続や
チーム保有をお願いしたのか、具体的な事例が残っているか不明である。

 サッカーのゲームを観ていて感動する場面とは、まず普通に考えたら、
応援してるチームや選手が得点したか、関っているシーンを観た場合か、同様に
素晴らしいと感じるようなプレーを観た時だと思われる。
 長い間サッカーを観ているが
「審判に文句を言わないのを見て感動したと言う人を初めて見た!!!!!」
さらに、「倒れてもすぐに立ちあがるのを観て感動したなんてのも奇妙だ」

 高校サッカーでは、そんなシーンは腐るほど見る事が可能だから、
川淵元大尉殿は、正月の選手権では、ゴールシーンよりも感動の連続で感涙に
むせんでハンカチが何十枚か、バスタオル持参で観戦しているに違いない。
ロイヤルボックスでバスタオルを顔に巻いて観戦してる川淵氏を観た人は居ますか?


さらに、ジーコが日本代表の監督だった時に、欧州遠征で親善試合を行った際、
試合終了後にユニフォームを交換した日本人選手から、そのユニフォームを奪い、
不利なジャッジを行った主審に投げつけたのは有名だが、あれはイエローカードもの。
川淵元大尉殿は、ジーコに説教をしたのか?ベンチの横かホテルのロビーで
正座させて、二度と審判に文句を言うなと説教し、反省文でも書かせただろうか?


そんな話は誰も聞いた事がない。

そもそも、川淵元大尉殿が、現役の選手や監督、チェアマン時代に
「審判に文句を言わないので感動した」って発言や文章が【座右の銘】として
【山】ほど残ってるのだろうか?

そして、このなでしこ番組には、以下の4名が出てこない。取り上げられてない。
女子代表監督だった「鈴木良平」氏、
女子サッカーを代表する有力な代表選手だった「木岡二葉」「長峯かおり」嬢
そして「犬飼前会長」

あと5~10年経って川淵氏のボケが進行したら、
Jリーグ誕生で盟友だった「木之本」「森」氏との関係。
日本協会の理事選挙絡みの混迷。
2006年の例の「オシム」発言。
その他、もろもろの事件や騒動の再検証のようなロングインタビューを行い、
過去の報道と比較したら、面白い番組が出来るのではなかろうか。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/792-4cab8df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。