サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪のオーバーエイジ枠に関して

 U-23代表は五輪本番のメンバーにオーバーエイジも起用する事が確実
となったが、Jクラブの中には反発している所も出ているようだ。

 北京五輪ではオーバーエイジ枠を使わなかったから選手が成長したという
意見もあるようだが、それは結果論だし、現在のチームを見れば、明らかに
若さの欠点がでている。指摘したようにゲームを落ち着かせる選手が居ない。

過去のオーバーエイジ枠で起用された選手を観ても、ハッキリ言って日本は
必ずしも良い結果を生んだとは思えないのは確かで、それは、どういう基準で
どのような意図と目的で選んだかが間違っていた可能性もある。
例えば、トルシエの時なんか、守備力とリーダーシップを発揮できる服部が負傷
で辞退したら、代役となって選ばれたのが、服部と全く正反対のタイプの三浦淳
だったなんて全くトンチンカンな事をしていた。

欧州からの参加国がメンバーを落としていたり、W杯が最も価値のある大会
だから、重要視しなくても良いという考え方は、今までは間違っていないと
思うが、考え方を変えて見たらどうだろう。

 23才以下の若手選手の成長を第一に、あるいはメダルを獲得する事を優先
する事を考える。そうしたら状況は違ってくる。
若手だけでプレーさせるよりも、ベテランと一緒にする事で成長の度合いは
高まる場合の方が圧倒的に多いと思った方が良い。訳知り顔で、ベテランと一緒
だと、ベテランに頼って育たないという意見を言う人もいるが、チームと言うのは
若手~中堅~ベテランとバランス良く配置されるのが望ましい。

 だから、中半端な選手を選んでも、あまり役にたたない。
例えば、GKは権田が居るから、オーバーエイジ枠をGKで使う必要は無い。
FW、例えばCFならば、永井、宮吉、あるいは斎藤と、裏へ飛び出して
スルーパスを貰える能力のある若手は居るから、Jリーグで得点してるからという
理由で、同じタイプの佐藤寿人を選ぶ必要はない。
前田はA代表に専念させて欲しいし、大久保はメンタルコントロールに問題がある。

またDFは経験が要求されるポジションだから、24歳の「槙野」「森重」
26歳の「森脇」といった五輪世代と年代が近い選手よりもベテランを起用した
方が良い。年代が近い方がまとまるなんてバカな事を言ってはいけない。
仲良しクラブじゃないんだ。A代表、あるいは海外移籍した際には、同世代だけの
チームなんて普通は無いんだ。それもサイドより中央でどっしりと構えられる選手が
望ましく、文字通り守備のリーダーになれる人材が良い。
例えば、駒野なんかプレーがおとなしいし、ガンガン周囲を引っ張るタイプじゃない。

本気でメダルを狙うならば、チームを側面支援したり補佐するような存在ではなくて
中軸となる選手を選ぶべきだ。過去のオーバーエイジは、ほとんど補佐するような
選手と役割だったから、存在感が無かった。=居なくても問題なかった事になる。

【23才以下の若手を引っ張る、精神的な支柱になれる、】
【ゲームの流れを変えられる、勝負所を見極められる】

そういった選手を起用した方がチーム力のアップにプラスになって、若手の手本に
なれるし、メンタル面で成長を促進させる。
だからMFに「遠藤」CBに「トゥーリオ」が必要なんだ。

 清武は遠藤と一緒にA代表でやってるし、山口や扇原、東あたりも、大いに勉強に
なるはず。A代表と重複するのが問題ならば「小笠原」という選択肢もある。
中村憲剛は、前田同様にA代表に専念させる。本田が間に合わない時は代役として
重要な役目が待っている。
 山村、浜田、鈴木のCB陣が、トゥーリオと一緒に公式戦を戦うのは凄く貴重な
経験を積む事になって、必ず将来、役にたつ。いざとなったらトゥーリオを
CFに投入すれば良い。トゥーリオと永井のツートップは、佐藤寿人起用よりは、
はるかに有効になるはず。

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/797-032c1e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。