サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンゲルの去就に注目

 アーセナルが欧州チャンピオンズリーグで、初の決勝進出を決めたというニュースは、日本代表監督選考への影響という点で、非常に重要な意味合いがある。

 もう皆さん、ご承知のように、アーセナルの監督が、川淵会長がご熱心な、長年の待ち人「ベンゲル」だからだ。過去、何度も日本代表監督候補に名前が上がっているが実現しなかった。

 その最大の理由は、金銭面ではなく、ベンゲルが『欧州チャンピオン』のタイトルが欲しく、執着している為だと云われている。

 だが、どうだろうか?もし、晴れて念願のタイトルが取れたら次は日本代表の監督として2010年のW杯に臨んでもらえるかもという期待が高まるのが必然の様相となってきたのだ。
 
 ただ、欧州チャンピオンズリーグの決勝が5月17日という事を考えると、監督就任の話を持っていくのは、それ以前としても、本格的に口説き落とすのは、それ以降になる。
 また、負けてタイトル獲得がならなかった場合、監督就任への望みは薄くなるなるから、それから別の人材にアタックするのは、もし、ライバルがいたならば、遅れをとるかもしれないというジレンマが生まれる。

 たぶん、今ごろは川淵会長の心が大きく揺れているのではないだろうか。ベンゲルと別の有力候補との二段構えの対応を取る準備に入っている可能性も出てきた。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/80-9bc53cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。