サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違いしてる札幌と新潟

 札幌がボロボロで、ボコボコにされたが、当たり前・当然の結果だ。
7失点したという事だけでなく、その内容が酷過ぎる。

例えば、一人の選手に4~5点取られたのではなくて、得点者が7人で、
色々なパターンからやられたのだから、ゲームに出場している特定の選手の
ミスや能力に原因があるのではなくて全体の責任と思われる。

 失点場面を観ると数的優位でも簡単に突破されてる。
選手のメンタルに問題があるという反省が出ているが、リーグが開幕して
2カ月も経過した時期に、そのような問題点が出てくる事が異常だと思う。
J1に昇格した事で、大きな錯覚をしたのではないか。

メンタルに問題があるのならば、ゲームに出場して戦力として計算出来る
可能性が無い「ゴン中山」を獲得したのは、なんだったのかと言いたい。
中山の経験と態度が、全員、特に若手にとって素晴らしい手本となると
絶賛されたのは真っ赤なウソだったのか?

「メンタルに問題がある」
「選手が甘い」

なんだ、こりゃ~!!!

 もうJ2降格は確実といって良いだろう。
同じ昇格組の鳥栖が現実的な戦い方で大健闘しているのに、札幌の選手達と
石崎監督は、この戦力で他クラブと互角以上に戦えて、スター扱いされると
勘違いしていたとしか思えない。一体、シーズン前のキャンプでどんな練習を
やっていたのだろうか。

そして、もう一つ、「負けが続いているが内容は良くなってきている」
とは、一体何を観て評価しているのだろう?
攻撃の時に、パスが回ったとか、ゴール前の惜しいチャンスが作れたとか、
そういう事を観て判断しているのならば間違っている。

【完全に狂ってる!!!】

ここまでのゲームで、得点しても勝てないのはなぜか。
鹿島相手に7失点したのはなぜか。

決定力が無かったからだろうか?
チャンスを作る機会が少なかったからか?
7点取られたら8点取って、8対7で勝つサッカーを志向するのが正しい
選択だろうか?

 鳥栖や仙台を観れば判るように、精神力と体力と走力と、守備力があれば、
そこそこにどころか、相当に抵抗出来るはずだ。

折しも、「勝つサッカーではなくて良いサッカーをする事を目指した新潟も
ホームで6失点という歴史的な大惨敗を喫した。
 リーグシステムというのは、戦力やチーム力が均等か、接近したチームが
集まって組織運営されているはずだ。それが6点、7点と大量失点するのは、
通常ならば、あり得ない点数だと思ってもらいたい。

札幌、新潟、両クラブとも、このままだとJ2降格は時間の問題だが、
監督更迭と選手の意識改革を行うならば、もう残された時間は少ない事を
知るべきだ。

自分のクラブの戦力を冷静に分析して、監督の目指す理想のサッカーではなくて
、分相応の戦術とスタイルで勝つサッカーを選択するべきだ。
若手選手を育てるとか、アグレッシブな攻撃的サッカーを目指すのは大事だが、
勝負の世界=勝ち負けと考えてみれば、札幌と新潟が今やってるのはというと、
「勝ちの無い負けの世界だ。」負けて引き立て役になる為にリーグ戦に参加してる
としか思えない。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/803-481d2bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。