サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこスエーデン遠征

 女子代表のスウェーデン遠征が終わった。
結果はアメリカに1-4の大敗・地元のスウエーデンには1-0の辛勝。
この遠征は公式戦で勝ってタイトルを取る為のものではなくて友好親善と
、経験を積み代表最終選考の参考の場であった。

日本は直前にハードな合宿を行って遠征に臨んだ事で、コンディションが
悪かったのは見て判ったと思う。勝利が目的ならば調整合宿を行っていた
はずで、内容も結果も悪くも無く良くも無かった程度だったが、課題と
弱点がハッキリとしたのが成果か。

 アメリカは日本に勝つ為の戦術を使ってきた事で、十分に手の内を明かして
くれた。結果はⅠ-4で、内容的にも完敗だったが、日本はテストと調整の場
と割り切り、非常に身体が重かったしコンビネーションも機能しなかった。
沢と坂口の動きが悪くて中盤でアメリカの起点を潰せ無かったのが大きく、
またCBの矢野がモーガンのスピードに全く着いて行けずに簡単に突破された。

本番ならば、早めのメンバーチェンジや守り方を変えるという対応が取られる
だろうし、W杯やアルガルべ杯でのような粘り強さや献身的な守備が無かった。

スウエーデン戦もGK福本のファインプレーが無かったら負けていただろう。

日本はFW陣へのスピード攻撃への対応と、コンディションニングという課題が
明らかになったが、これらは過去の国際大会でも同様に課題とされていた事だ。

逆にアメリカは、対日本戦ではパスを回して崩してくるよりも早めに縦に入れて
スピードとフィジカル勝負に出てくる場合もあるという事が判った。
もし自分がアメリカの監督ならば、ここではこのような作戦は封じて手の内えを
見せずにおいて、五輪本番で対戦した時に使うようにする。

だから、この遠征でアメリカの長所を引き出させて、1-4で完敗したのは、
結果的に良かったという見方も出来るのだ。スウエーデンも同様で、本番で
いきなり縦に攻め込まれて慌てるという心配もあったが、心の準備は出来た。

というわけで、五輪本番でのコンディションに最善の注意を持ち、ベストで臨めば
メダル獲得は計算出来ると思う。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/809-fc0a2765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。