サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪、男女とも勝利!!!

 ロンドン五輪の先陣を切ってサッカーが開幕したが、日本代表は、
女子は苦戦の予感を感じる内容だったのに、男子は素晴らしい発進だった。

女子は、初戦という事で、堅さとぎこちなさが少し眼についたが、
明らかに格下のカナダに対して完勝と言って良いだろう。
問題点は鮫島のパスミスが目立った事で、チームのリズムをぶち壊す
危険性を感じた。また鮫島の上がった裏を突かれるという不安は全く
解消していない。沢と坂口があれだけフリーなのに、攻めになった時に
パターンが少なくて攻撃に厚みが無いのも気掛り。

男子は前評判が低かったが、「吉田」「徳永」の2人を比嘉と山村が
いた場所に起用した事で、一気に守備面での安定感が増したばかりか、
徳永の攻撃参加からチャンスが生まれそうな予感を感じさせた。
またコンディションとゲームコンセプトが非常に良かった。
始まる前にはどうなるだろうかと不安だった人も多かったはずだが、
終わってみれば、日本の勝利は順当な結果にも見える。

 スペインがべストコンディションで無かったのと、日本のアタックへの
対応を見ると、日本の選手の情報が少なかったとしか考えられない。
 それによってⅠ-0という思わぬ勝利を得る事が出来たが、
理由と原因はともかく、公式戦でスペインに勝ったという事実と結果に
対しては、イチャモンやケチを付ける筋合いは無い。
内容でも結果でも、完全に日本の方が上だった。

 この勝利から認識するべきは、守備の重要性とカウンターアタックの
威力で、ボールポゼッションでは、スペインに大差をつけられたが、
SH数もチャンスの数も日本の方が多かった事だ。

もちろんサッカーのレベル的にはベストのスペインの方が上なのは
間違いないが、「勝負の世界」というのは、その時々の状況によっては
このような結果が出る事を知ったのは大きな成果と学習といえよう。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/812-48e3b64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。