サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-20女子W杯(ヤングなでしこ)

 女子のU-20W杯で、日本は1位でトーナメント進出。準々決勝で韓国と
対戦する事になったが、ここまでは勝って当たり前のような展開で、これからが
本当の強敵との大戦になる。

 「勝負」だから、韓国に絶対に勝てるという事にはならないだろうが、
ここまでの3戦で観た限りでは【ユース年代の選手育成】に関しては、上手く
行ってるように思う。特に選手個々の長所を引き出し、活かすチーム作りと、
個人の判断と積極性に比重を置いた育成は、素晴らしいと評価して良いと思う。

 勝負、競り合いの強さという面を重視したチーム作りを最優先するならば、
大きな課題がある。

DFラインは、もっと安全第一を心掛けたプレーを行う必要がある。
特にDF同士でパスを回す際に、かなり危険な受け渡しをしていて、
韓国が相手の場合には、カットされてカウンターアタックから失点するという
危険性がかなり高い。またゴール近くで、相手のFWに競り負けるケースも目立つ。

攻撃はニュージーランド戦の前半は拙攻の連続、単調で、中央にハイボールばかり
上げてた6本のCKは、お粗末極まりなかった。ショートコーナーを使ったり、
ニアーに速いボールを入れてから、やっと得点のチャンスを作れるようになった。

 猶本は、難しいスルーパスを出し過ぎて、チャンスを潰している。
通れば素晴らしいパスだし、4年後の五輪では、世界から絶賛されるかもしれないが
このレベルの大会での勝利を考えたら、もっと受け手にとって楽なパスを出した方が
良いと思う。「沢の後継者」と期待されているが、19歳の頃の沢よりも遥かに
レベルが高くて素晴らしい選手だ。早くA代表で経験を積ませた方が良い。

 全体的に積極的に自分で仕掛けるプレーが多い。
男子のようにバックパスや横パスで逃げたり、SHを打たないのとは正反対で、
ガンガン、ドリブルで突っかけて、アタックするのは、見ていてスッキリするし、
将来が楽しみなのだが、それが逆に短所になってしまう場合もある。
SHを急ぎすぎて失敗する事が多いが、積極的にミドルSHを打つという、
日本サッカーには珍しいチームなので、プラス志向で評価したいと思う。

 個々の自由な判断と局面での積極性というのは、このチームの特徴だし、
明らかに過去の日本サッカーのチーム作りとは方向性が異なる異色の存在だが、
「勝負」という事を考えて、攻守両面での【お約束事】は幾つかは決めておいた
方が良いのではないか。U-17ならば、このままでも問題が無いと思うが、
U-20は、すぐにA代表に直結する。子供じゃなくて大人の世代が直前に迫って
いる。だから約束事が大切だし、勝負にも、もう少しこだわった方が良いと思う。

対韓国戦はどうなるか判らないが、この「ヤングなでしこ」は選手全員が技術的に
ハイレベルで、非常に良いセンスの持ち主ばかりだ。今までの日本に欠けていた、
積極的に仕掛けるという意識も高い。
「楽しいサッカー」で準々決勝で敗退するのではなくて、「勝つ為のサッカーも」
加味して、決勝戦に進出して優勝という成績を収めて欲しい。






スポンサーサイト

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/818-3425f788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。