サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!ヤングなでしこ【3位】

U-20女子W杯の3位決定戦で、日本はナイジェリアに勝って3位を確保した。
ナイジェリアは、身体能力に優れてフィジカルが強く、日本の苦戦が予想されたが、
3位~銅メダルを取りたいという執念が実ったようだ。

 日本はCBの土光のコンビに、木下ではなく、高木を起用したのが正解だった。
監督の吉田弘が、当ブログを読んだかどうかは不明だが、木下をスタメンから外し、
自分が指摘したようにボランチとして途中出場させたが、それは全面的に正しい。

解説とアナウンサーが、藤田の交代要員で木下を起用と聞いて、高木をボランチに
回すのでしょうか?と発言していたが、ここまでのゲームを見て、木下のCBは
不安が多いと、理解していないのは問題だと思う。実際、ボランチでプレーする
木下は無難にこなしていた。
木下は攻めになった時には、球出しのタイミングが良くて、コースの選択の判断が
優れているという長所がある。CBよりもボランチの方が、この長所は更に活きる。

 日本の先取点、田中陽子の無回転シュートは本当に素晴らしかった。これだけでも
、このゲームは金を払って見る価値はあったと思う。積極的にシュートを打たない
男子に見習わせたい位のスーパーゴールで、A代表(なでしこ)の面々も戦々恐々
としたのではなかろうか。
 2点目の柴田のパスを出す前の2人抜きのドリブルも見応えがあった。
香川同様、外国の長身大型の選手達には、素早くて捕まえづらい嫌なドリブラーで、
ドリブルで抜くだけではなく、積極的にシュートを打つ姿勢が良い。
案外、早くA代表のゲームに出る機会が訪れるのではないか。

日本の失点はGK池田の判断ミスだが、ボールが回転しすぎて無回転とは
違った意味で、キャッチしづらく、パンチでCKに逃げるのも難しかったと
思うが、あれを防げれば一流の道が待っている。

ナイジェリア戦は吉田采配が見事だったが、ナイジェリアのシュートがポストに
当たったり、ミスが多かったり、雑な面が目立ち、日本にツキがあったように
思われるが、そうではない。
確かに、ポゼッションは差があったし、65分過ぎからはペースを握られて
一方的に攻め込まれたように見えるが、実はそれほどチャンスを作らせてない。
90分を通して、たったの5回だけで、9番オバラノジー絡みが4回、そのうち
FKが3回。冷静に録画をチェックすれば、ピンチの連続では無かった事が判る。
DFとMFが、ピンチになる前の芽の段階で潰している。
セットプレーも初めからマンマークでついていた。DF陣は一対一の競り合いで、
かなり頑張っていたのが印象的だった。ドイツ戦の経験が活かされたわけだ。

 この黄金世代が順調に成長すれば、次回W杯、五輪の好成績も期待が持てる。
現なでしこのメンバーへの愛着が強い人も居るだろうが、素材の良さと伸びしろを
考慮して、この若い世代に経験の場を与える事で、さらに強力なチームが作れる
ならば、世代交代を促進する事に異議を唱えるべきではない。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/822-7d70d766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。