サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李に必要な事は何か

 代表チームの欧州遠征での戦いぶりを知った、李忠成が「ゼロトップ」はFWに
とっては屈辱のような発言をしたらしいが、CFとしては当然の声で、その心意気を
買いたい。現在JリーグでプレーしているFW全員が、このような意識を持つべき
だと思う。

 欧州の監督は、概ね、CFには長身大型の選手を置く傾向がある。
トップにボールを当て楔を入れる。ポストプレーを出来るか、ボールが収まる選手が
必要になってくるのが判ると思う。
オフトがとても代表レベルの選手とは思えなかった「高木」をCFに抜擢してレギュラー
に起用したり、トルシエもU-20、U23、A代表と長身大型の選手を起用して
テストしていたのを思い出そう。
 オシムも空中戦以外は役にたたない「巻」を起用したのも筋が通っているのが判る。

 現在の代表では「前田」はトップでボールが収まり、クサビ役としても点取り屋
としても有効だが、ハーフナーは高さは有るが足元の技術は不十分で、にも関らず
代表で起用する事で、ザックがCFに求めている能力や期待が判るではないか。
基本的に、長身大型でポストプレーが出来る選手を求めているのではないか。
 そう分析すれば、佐藤寿人がJリーグで得点を量産しても代表に呼ばず、
、遠征でも起用しなかったのも、また理解可能である。

佐藤寿人は、先日のJリーグでの負けた柏戦では、随分と無理な体勢からSHを
打って、外しまくっていたが、おそらく本田や香川ならば、決めていた可能性が
高かったと思う。

 李に必要とされるものは、前田のようにトップでボールが収まるようになる事で、
周囲との連係のタイミングが合わずに、簡単にボールを叩き過ぎて、相手にボールを
渡す悪い癖も直せるし、イングランドの重いピッチで鍛えられた経験が活きれば、
レギュラーは難しいが、また代表復帰も有り得るのではないか。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/826-e8aaabc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。