サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコカップに関して

 ナビスコカップの決勝戦は鹿島アントラーズが優勝、清水エスパルスは、奮闘
むなしく準優勝に終わった。

 中盤での潰し合いが目立ち、枠に飛ぶシュートが少なく、バックパスと
緩いショートパスが多用されたから、つまらないゲームだったと思った人も居たかも
知れないが、守備面ではかなりハイレベルの一戦だったと評価したい。
特に、1点リードした後の鹿島の守備は素晴らしかった。清水が長身選手を2人、
トップに並べたのに対して、中央をシッカリと固めつつも、両サイドからのクロスに
備えて、サイドで主導権を与えずにスペースを作らず、清水にサイドを自由に
使わせない事に、かなり神経を使っていた。リーグ戦では不調だが、この辺りの
采配は見事で、日本人の指導者には大いに勉強になると思う。

 原が鹿島の時間稼ぎに対して苦言を呈したようだが、何を言ってるのか。
カップ戦の延長戦で、残り時間が少ない状況で、あのようなファウル絡みの時間稼ぎ
と遅延行為が出来ずに、同点の時と同じようなゲーム運びしか出来なかったら、
それは国際試合での勝負弱さに繋がる。

 アウエーゲームでは、少し注意しなければいけないが、その辺りは臨機応変に
対処すれば良いだけで、原の苦言は、典型的なバカ正直で、お人好しの日本人の
ものの見方、考え方である。
 2002年のW杯開催騒動や、中東勢のホームゲームでの戦い方を見れば、
外国は、自分たちが利益を得る事しか考えていないのが一目瞭然じゃないか。
それはサッカーやスポーツの世界だけじゃなくて政治経済全般に言える事だ。
今現在、日本周辺の領土問題で起きている事を見れば、国益最優先だというのが
誰にでも判るはずだ。

 むしろ注目すべきは、鹿島の勝負強さと、相手の流れを断ち切る駆け引きの
上手さ、どこで、どのようなプレーをしたら良いのかを選手が知っている事だ。
ガチガチに守るだけじゃなくて、カウンターで3点目を取れそうなチャンスも
作っているのだから、あの延長戦でのゲーム運びを批判するのではなくて、
参考にしても良いのではなかろうか。

 逆にリードされてからの清水の選手の対応は酷かった。
長身選手を2人並べたのに、その直後の攻めが、ショートパスとドリブルで
強引に中央突破を計ったり、MFが真ん中に集まりすぎた為に、サイドに開き、
クロスを上げるタイミングを失って、鹿島に完璧に守られてしまった。
その挙句に、ハイクロスを長身の2人ではなくて別の選手に合わせるとは、
パワープレーのやり方を知らないんじゃないか。

鹿島の柴崎は本当に素晴らしかったし、このゲームでは遠藤も良かった。
二人とも、W杯出場権獲得後の合宿やゲームでは、フル代表に入れて経験を
積ませた方が良いと思う。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/828-72683721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。