サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選、アウェイのオマーン戦に関して

 突然、ホーム不敗の強豪に仕立てられた「オマーン」に対して、日本は順当に
勝ち、2014年W杯の出場をほぼ確実なものにした。

 前半の内容の悪さや、押されぎみだった事や、本田が機能しなかった事などから、
あまり良い印象は感じなかったかもしれないが、灼熱地獄のアウェイゲームだった
事を考慮すれば、1点差でも勝利という結果に素直に喜ぶべきと思う。

 引き分け寸前のピンチを「岡崎」や「酒井高」が救ったという見方をする人も
居るだろうが、強いチーム、底力があるチームというのは、このような勝ち方が
出来るという事で、終わってみれば、実力が上の日本が順当に勝ったにすぎない。

 35度を超える暑さが一番の大敵で、日本の中では、ロシアでプレーする本田、
イングランドでプレーする吉田の二人のコンディションが非常に悪かったのは、
プレーぶりはもちろん、顔の表情を観てもハッキリと判ったと思う。
今後も中東でのアウェイゲームの際の直前の移動というケースは何度もあると
覚悟しなければならないので、何らかの対策を立てた方が良い。

前田に替えて、酒井高の起用は、弱気なのか、攻めに出たのかよく判らないが、
こういう事かもしれない。

前半からオマーンの右サイドバックは穴で、得点シーンだけでなく、長友の攻撃
参加に対して翻弄されていて、日本に先取点を取られていながら、後半に入っても
全く修正されておらず、追加点の狙い目でもあった。
 ただし、守備面よりも攻撃面で効果的な動きが見られたので、長友と酒井高の
二人を置く事で、このサイドを完全に支配して、オマーンの右サイドの選手を
受け身に立たせる。 日本は、このサイドに攻撃の起点を置いて2点目のチャンスを
作りながら、カウンターアタックをさせないという攻守両面での役割を持たせた。

細貝と長谷部を並べて中盤の守備固めを行いつつ、精神的な柱である本田をCFに、
攻撃力がある遠藤をトップ下にチェンジする。これは先の欧州遠征でもテストした
布陣だから、冒険したり、ギャンブルに出たわけではない。
 むしろ引き分けでも構わないか、あわよくば追加点が取れたら上出来という、
かなり保守的な采配だと思う。あるいは「イタリア人らしい采配」なのかもしれない。
我々は、今まで、このような采配をする監督との馴染みが薄いから混乱したり、
冒険のように見えたり、消極的に感じるのではなかろうか。

就任以来、ここまでのザッケローニの采配を観てると、かなり采配の妙で、
良い結果を出しているように思うが、「勝負の見極め」に関して適切な判断が
出来る人物と思われる。

イタリアサッカーの底力、奥の深さを教えられているように思うがどうだろう。



 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/831-a211c0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。