サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2に降格の3クラブのフロントはクビだ

 J2降格の3チーム「ガンバ大阪」「神戸」「札幌」のフロントに向けた
サポーターの怒りが爆発しているようだが、結果はもちろんの事、顛末も
酷かったのだから、当たり前の状況である。

 ガンバは開幕当初の監督就任の不手際のドタバタで赤っ恥を掻いた上に、
選手の我がままを抑えきれなかったのだから、社長だけでなく、強化責任者の
責任が極めて大きい。実績のあるベテランが何人も居るから降格は無いなどと
思っていたのが大間違いで、自分のクラブのゲームを分析してチェックする
人材が必要ではないか。今野が加入しても、守備が機能せずに敗戦の要因と
なっているのに対処しなかったのは、言い分け不可能である。
【フロントが守備の重要性を無視した素人の判断】といえよう。

 神戸は、一体、何の為に西野を監督にしたのか全く理解不能で、西野は
短期間ではなくて、長期間で結果を出す監督だという事と、ガンバには遠藤や
橋本が居たというメンバー構成を理解出来ていれば、違った選択やコーチ人事も
考えられたと思う。と同時に、今後、西野がガンバや神戸で見せたのと同じような
采配や強化策を取るならば、次の就任先は、かなり限定されてくるだろう。

 札幌は、フロントにサッカーを知っている人材が居るのか、かなり疑わしい。
J1史上、数々のワースト記録を打ち立てた今シーズンの「現場の最大の責任者」
は、石崎だという事実を忘れてはいけない。本来は途中で解任するべき人物を
最後まで采配を取らせて、「感謝」とは、頭がおかしいのではないか。
 戦力的に観ても、J2での成績を観ても、「鳥栖」よりも無様な内容と結果を
残した以上、どのような言い訳も出来ないし説得力が無い。
J1に昇格させたら、次には、残留が最大の目標のはずで、自分の理想とする
サッカーをさせる事ではない。
 若手が弛んでるという声を聞くが、そのように育てたのは誰か?
J1に昇格した時点で、スターになったように勘違いしたのではないか。
極めつけが、すでに使い物にならない「ゴン・中山」を獲得した事である。
北海道に住んで居るサポーターは本当に可哀そうだと思うが、中山は、札幌移籍の
時点で、とっくに終わっている選手だったのは明らかで、自分は、当ブログでも
指摘してきた。
 終わった選手を獲得したり、監督を途中で解任しなかったり、フロントは大失態で、
一体全体、どのような基準や尺度で社長や強化責任者を決定しているのか。

来シーズンに向けて、この3クラブは主力選手の大量流出や、解雇、年俸大幅ダウン
などの状況になるのは避けられないが、まず、監督やコーチ人事から、クラブとしての
ポリシーと未来像を決定してから、それに適合した人物を選ぶべきであろう。

そして「我がままを押し通した選手」「スターになったと勘違いした選手」
彼らには【地獄の1年を味わってもらおう】 

スポンサーサイト

テーマ:ガンバ大阪 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/834-d1121a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。