サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダンに無様な敗戦

W杯最終予選のアウエーのヨルダン戦は、期待を大きく裏切る惨敗だった。
結果は1-2、内容的には主導権を握り押し込んだ展開だったから、
惨敗という表現は不適切かもしれないが、見た人は惜敗よりも惨敗という
イメージの方が強かったはずだ。

 なぜ、そう感じたか?
明らかに勝てたはずのゲームだった、それも前半の段階で勝負が決定
していたであろうはずが、想像を絶するプレーの連続で自滅したからだ。

ゲーム開始当初に、清武が左サイドから切れ込んでGKと一対一になった
のは決定的なチャンスだった。一部のパスサッカーの狂信者を除いては、
誰もが、SHして先制点と期待したはずが、清武は中に居る香川にパスを
してDFにクリアーされてしまうという、今回のW杯最終予選のゲームの中で、
最も、不可解なプレーだったので唖然とした健常者も多かっただろう。
あそこでパスを選択した事を誉めるのは精神異常者だから、まともに話して
議論したり、意見を聞く必要は無い。キチガイが移る危険性がある。
これ以外に、清武は2回、SHするべき場面でパスを選択している。
清武は、このゲームでは、前後半を通じて何度も決定機に絡んでいる。
SHする意思が強ければ、違った展開になっていたのは確実であろう。

また前田が、ドフリーで2本のヘッドを外したのには、SHではなくて
クリアーしたのではないかと錯覚させるほどの惨状だった。今シーズンの
Jリーグで、まだ前田が得点していないのも納得出来るではないか。

遠藤の不甲斐なさと存在感の無さも際立っており、まるでJ2のレベルに
馴染んでしまったかのようだった。自分の前にコースが空いて、ミドルSHの
チャンスなのに、遠藤はパスをしたが、相手が密集した中で、コースが空いたのに
SHしないでワンツーを試みるとは、W杯出場を掛けた真剣勝負のゲームでは
なくて、まるで見世物ショーのようであった。
そして、多くの時間、遠藤はゲームから消えていた。

遠藤のPKは読まれていたというよりも、研究されていたというべきだろう。
ヨルダンのGKは、遠藤が蹴る寸前まで全く動かなかった。
遠藤と言えば「コロコロPK」が有名なように、強く蹴るのではなくて、
コースをついてくるか、GKの動きを観て逆に転がす方法のいずれかを選択する。
 だから遠藤が蹴るまで動かない方が良いし、強いキックではないから、
他のキッカーと同じタイミングで飛ばなくても防げる可能性が高い。
自分が監督ならば、遠藤がキックの方法を変更しないならば、次からキッカーに
絶対に指名しない。少なくとも、アジアのチームと対戦した際に、相手GKが、
じっくりと構えて遠藤の動きを観てから動くようならば、もうアジアでは通用
しないと判断するべきだ。

2点目の失点シーンでの吉田のボーンヘッドは眼を覆うばかりで、原因は
ポジショニングだけでなく、あそこで交されそうになりそうな時点でボールを奪う事
よりも、スライディングタックルして、タッチに出すか、ファウルで止める事を
選択するのが「結果論」ではなくて普通の守り方だ。
ロンドン五輪での対メキシコ戦で、日本のDFが、スライディングタックルしないで
ペナルティーエリアまで持ちこまれて失点したり、対韓国戦でも数的優位なのに、
突っ立っているだけで、SHを打たれるという失態を演じたのと根っこは同じだ。

ちなみに吉田は1点目も、あの場面で大切なのはホームの相手にCKを与えない為に
簡単にクロスを入れさせない事なのに、跳ね返すのではなくてCKにさせてしまう
身体の動きをした。

つまり、タックルでタッチに逃げるとか、なりふり構わず身体を投げ出して防ぐ
のではなくて、綺麗にカッコ良くボールを奪ってからビルドアップする事を
優先する意思が、ダイヤモンドよりも堅いからに違いない。
泥だらけになってカッコ悪く這いずり回ってでも勝つ事を第一に実行しない
選手は、サッカー選手ではなくて、ファッションモデルに転向した方が良い。

香川もトップ下では全く機能しなかったというか、組立てが出来ないのが判った。
香川を活かす為に、本田ではなくて香川をトップ下でという声が出ていたが、
代表チームのようにパスを回して相手を崩すスタイルのチームでは、あのポジションに
組立てが出来ない選手を置くと攻撃が機能しなくなる。
初めから中村憲を起用するべきだったし、あるいは遠藤をトップ下に上げても良かった。

 この辺りの采配はザッケローニのミスである。
また、SHへの積極性が無い清武を長く引っ張りすぎてしまった。
後半の頭からでも積極性のある乾とチェンジした方が良かったし、
CFが前田からハーフナーに替ったのに、CKの時に、遠藤は岡崎と吉田にばかり
合わせてたのも明らかなミスである。あのような状況下においては、ハーフナーを
オトリに使うのではなく、ガンガン合わせて、それでダメならば諦めるしかない。
ほとんどのメディアが指摘しないが、今野と遠藤のガンバコンビの精彩の無さと
モチベーションの低さが目立ったのも、このゲームから見えた事だった。

以上のミスや不甲斐なさを考慮すれば、ヨルダン戦は【自滅である】

 対オーストラリア戦では、スタメンの構成にいくらかの修正が必要だ。
 このゲームのA級戦犯の遠藤と前田が出ていなくても不思議ではない。
まだ若い香川、清武、吉田は、この苦い経験から学んで成長して欲しいが、ベテランは
世代交代が必要だ。コンフェデでは、CFとボランチ,CBといったポジションで
若手か新顔のテスト起用が積極的に行われると信じたい。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/836-8b43500a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。