サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝W杯出場決定「対オーストラリア戦」

 我が代表チームはオーストラリアと1-1で引き分けて、ブラジル大会の
出場権を獲得した。ハラハラドキドキの展開だった事で、不安を感じたかも
知れないが、劇的な結果となり、またまたサッカーの奥行きの深さに接する
事が出来たのではなかろうか。

 結果は引き分けだが、内容的には日本の圧勝と言っても過言ではなく、
実質勝利ゲームと評価するのが常識的な見方である。

 オーストラリアは戦術的に非常に優れており、この日のゲームは、日本に
対して勝つか引き分ける事だけを考えた選手起用とゲームプランで、
過去の対戦とは大きく異なる戦いを仕掛けてきた。
両サイドからの早めのハイクロスを多用するか、DFとGKからロングボール
を入れて、空中戦とフィジカルの強さを活かす攻めで日本を力でねじ伏せる
ような展開ではなく、両サイドで数的優位を作り、速いパスワークと、ドリブル
による地上戦を仕掛けてきた。
 両サイドのMFは守備に回った時にはDFラインまで下がったかと思うと
攻めに出た時には大きく開いて起点となったが、日本の守備が高さに対応する
為に、両サイドバックが真ん中に絞った裏を突く結果となり、それがカウンター
からチャンスを作る上で実に効果的だった。

実はゲーム前の練習で、3人1組のトライアングルでワンタッチのパス回しを
かなり入念にやっていたのが、実際のゲームでは中盤から前線への速く鋭い
パス回しとなり現れていた。

後半のオーストラリアは、自陣に退いて見事なブロックを作り、引き分けでも
良いが、カウンターで得点出来れば上出来という戦い方で、ちょくちょく
ボケ采配を演じて、自ら墓穴を掘るオジェックの采配の特徴が、今回は
観られなかった事も幸いして、この結果には満足して良いだろう。

 日本は攻撃が、狭いエリアに集中し過ぎた為にオーストラリアのDFが
密集地帯を構築する結果となってしまい、こじ開け、崩すのに相当苦戦する
展開となってしまった。本田と香川のトリッキーなコンビプレーは素晴らしく
金を払う価値のあるプレーだったし、遠藤のタイミングの良い縦パスは
チャンスを作り続けたが、得点はPKの1点だけだった。

 持ちこたえた点については、オーストラリアの守備陣と戦術を評価する
べきだろうが、効果的なサイドチェンジ、例えば、同じ距離のパスだけでなく
一人飛ばして大きく振ったり、もっとワイドに展開していれば、簡単に
崩せて決定機も増やせたはずだ。

 スポーツ紙各紙、ザック采配に疑問や批判を投げかけているが、
実は、イタリア人らしい駆け引きと判りやすい采配だった。
前田に代えて栗原を投入したのは、内田を上げて3BKにする為ではなく、
終盤になってから、オーストラリアがパワープレーに出てきた場合に
対応する為に中央の守備を高さのある「吉田・栗原」で固めて、最悪
0-0の引き分けに逃げ切る為の意図を感じた。
勝ってW杯出場を決定出来れば、それは良い事だが、引き分けでも良いの
だから、無理攻めしてオーストラリアのカウンターの餌食になるリスクを
払う必要は無い。そしてトップにはキープ力のある本田を上げる。
この日の前田は、前線での守備と質の高い動きだしで貢献していたが、
ボールが全く収まらず、日本の攻めを苦しくした要因となっていた。
ザックは今野を左BKに回し、長友をMFに上げたが、これで左サイドの
守備は強力になったし、若くて突進力のあるオアーと対峙する右サイドに
スペースを作られたら危ないから4BKを維持する。

スポニチのコメント欄じゃないけど、誰かさんみたいに、バカの一つ覚えで、
攻めて得点する事ばかり考えていたらゲームには勝てない。

 不運な失点後、今度は、内田に代えてハーフナーを投入。
同点にしなければ、ここでW杯出場を決められないのだから、逆に積極的に
得点を狙う必要がある、だからリスクを覚悟で3BKにする。
実に理に適った采配である。オーストラリアが自陣に引いてしまいスペースが
少ないから、乾のドリブルが効果的かは疑問なので、ハーフナーを入れて、
最後は吉田も上げて、一か八かの空中戦勝負を仕掛ける。
ザックはイタリア人、欧州人である。CFには長身大型の選手を起用する
のはよくある采配ではないか。
そして3人目は岡崎に代えて清武である。ザックは清武は好きなタイプの
選手だと言ってる。最後の最後に自分の好みのタイプの選手を入れて
任せるが、それでも実らず負けてしまっても悔いは無い。諦めがつく。
監督も一人の人間なのだから、そういう点では人間味のある采配といえる。

 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/839-eed68436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。