サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯・登録メンバーを予想する

 ドイツ大会の23人を、ジーコの今までの発言と采配を元に予想してみよう。

GK・3人・
《 川口・楢崎・土肥 》 

DF・8人・
《 田中・宮本・中沢・坪井・茂庭・加地・三都主・駒野 》

MF・8人・
《 中田英・中田浩・中村・稲本・松井・小笠原・小野・福西 》

FW・4人・
《 高原・柳沢・大黒・久保 》

ポジション毎に見れば、GKは競争なし。

DFは、両サイドのバックアップが居ないという歪んだ選考になる危険性がある。右は「加地」左は「三都主」だが、代りが居ない事に気がつくはず。システムを4-4-2と3-5-2の併用にするのだろうが、MFを回す事で解決する構想があるならば、CBと左サイドのDFとMFが出来る「中田浩二」と、両サイドのMFでも使える「松井」も選ばれる。
 また、左右両サイドのDFが出来る「駒野」は貴重なバックアップ要員となる。左サイドしか出来ない「村井」はまず無理だろう。でも村井と三都主の国籍が逆だったら、違う結果が出たと思うと非常に残念だ。

 MFは、「小野」が復調した上に複数のポジションが出来る「中田浩二」との兼ね合いで「遠藤」は苦しい。海外組みは代表の常連なので、ここまでの起用法を見れば確実に選ばれる。
 国内組みで唯一可能性があるのは【長谷部】だ。本番までの期間に攻撃的なMF陣に負傷者が出た場合、緊急召集されるだろう。

FWは、初めからの既定路線で、4年間での代表での実績を重要視するというジーコ発言を受ければ、実績のある4人で決定だ。問題は【玉田】・【鈴木】の二人だ。
 玉田は、コンディションさえ良ければ選ばれてFWを5人にするかもしれない。その場合、DFの中で最も実績と経験の少ない「茂庭」が外されるだろう。鈴木は今は不調だが、過去の大事な大会やゲームでは重要な場面で得点を挙げており、ジーコがその実績をどう評価するかだろう。
 
 「巻」「佐藤」は所詮、親善試合での海外組みの穴埋めに過ぎなかった存在ならば、人をバカにした話だと思う。本当に海外組みと競争させるつもりならば、エクアドル戦なんかスタメン起用するべきなんだ。今はマスコミとサポーター人気が先行してるのは確かだが、若手というのは、チャンスと切っ掛けを与えたら、大バケする可能性を秘めている。
 二人とも最終メンバーに残れなくても、憂さ晴らしにキャバクラには行かないように。どうせ7月になれば次の監督の元で新しい代表が始動するんだから。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/84-61b7e837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。