サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田発言について考える

 W杯出場決定後の記者会見での本田の言動が支持され感動をよんでいる
ようで、メディアの論調と扱い方を観ると「カリスマ化」ともいえる。
しかし、これは当たり前の事で、今まで、代表クラスの選手やJリーグに
対して甘すぎたのかも知れない。

 例えば前田だ。
前田はヨルダン戦の前半に2回、決定的なシーンでヘッドをミスして
まるでGKへのバックパスのようなSHをしている。もし欧州のクラブならば、
次のゲームはベンチかベンチ外になるのは確実で、サポーターからは非難の
大合唱が起こったはずだ。オーストラリア戦でも随分と攻撃の足を引っ張り、
本来ならば、前半で交代させられても仕方が無いだろう。

岡崎も長友も決定機を活かせなかった。後半の長友の惜しかったSHも
GKの出鼻を浮かすか、あるいは中に居た2人のどちらかに合わせる
クロスを入れた方が確実だった。逆にSHするべき時にパスを選択した事も
あり、判断力に問題があったと思われる。
全体として身体の切れが戻って無く体調が完璧ではなかったようだ。
もしかしたら酒井の方が良かったかもしれない。

川島の失点シーンは、クロスが飛んだコースが良くて偶然ゴールしたような
もので不運だったのだが、川島のポジションが後一歩後ろか、ジャンプする
タイミングを少し遅らせていたら防げたはずで、厳しく言えば目測ミスだが、
ちょっと油断があったのではないかと思われる。

長谷部と遠藤のボランチは全盛期よりも衰えてきており、DFラインの前に
強力な壁を構築していた代表のゴール正面に穴が出来るシーンが観られる
ようになってきたし、プレスを掛けられると攻撃が遅れるようになった。
長谷部の場合は、所属クラブでの右サイドバックでの起用が多くボランチ
としての対応への不安が懸念されていたが、それが的中してしまった。
 遠藤は非常に有効な縦パスを何本は供給したのは素晴らしかったが、
Jリーグのような感覚で、緩い横パスを叩いた所をカットされて、一気に
ピンチを招きかかったシーンが2回あった。ちなみに遠藤は対ブルガリア戦
では、パススピードが遅くて欧州組とタイミングが合わなかったシーンが
何度もあった点を指摘しておこう。
日本代表の場合、女子のなでしこも共通しているのだが、このボランチの
所で潰されたり、良い球出しが出来ないと攻撃が苦しくなる。

 このように分析すれば、記者会見で本田が名指しで指摘したのは正論で
誠に適切だったのが判る。

W杯で優勝を狙うからではなくて、日本代表をJリーグを更にレベルアップ
させる為には、このようなシビアな指摘と検証を行う必要がある。
一般には「個の強さ」と言われているが、日本サッカーは今まで、組織力に
頼ったスタイルと戦術を構築してきたが、更にレベルアップする為に、
個を重視する時期が来たのではなかろうか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/840-5127974e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。