サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフェデ杯・ブラジル戦

 コンフェデ杯のブラジル戦に点差以上の完敗でガッカリした人も
いると思う。もし勝っていたら素晴らしい事だったが、この完敗で
現実をしっかりと直視する事が出来るのだから、幸いである。

 地元で本気モードで向かってくるブラジルに対して、日本は、
昨年の対戦時と同様に、自陣に閉じこもりガチガチに守ってから、
カウンターを仕掛けるという戦法ではなくて、正面から堂々と
まともに立ち向かっていった。
 その結果として、ブラジルの怖さを肌で知る事が【再度】出来たし、
日本代表のチームと選手の現状の力と、課題がハッキリと現れた。
超守備的な戦い方で0-1の敗戦で善戦大健闘と称えられるよりは、
遥かに良いだろう。選手一人一人はもちろん、サポーターもマスコミも
結果だけで、世界のトップと対等に戦えた等と勘違いしないからだ。

 このゲームで比較的良かったと評価出来るのは
「本田」「内田」「今野」「長谷部」だけである。他の選手は論外で、
特に、清武、岡崎、長友、吉田にはガッカリした。

観た通り、攻撃で個の力が通用したのは本田だけだった。前半の途中から
ブラジルは本田がボールを持つと潰しに掛って来たのが、その証拠で、
相手の中で、怖い選手、自由にさせたら厄介になると認めた相手は
早目に潰して持ち味を出させないようにするのは、トップレベルの
戦いでの常識である。
 内田は、右サイドでオスカルと対峙しつつ、サイドに流れてくる
ネイマールにも対応するという、ある意味、非常に贅沢なマッチアップを
体験した事になる。右サイドをズタズタにされても不思議ではないのに、
それほど大きな破綻は無かったのだから、評価するべきであろう。
 今野は最終ラインの危険なシーンになる直前にクリアー、あるいは
ブロックしており、決定的になる前の段階でかなり防いでいた。
1点目は、後一歩早めに出ていれば、防げたかもしれない。たしかに
ネイマールのSHは素晴らしかったが、普段Jリーグでプレーしていると
またアジア勢との対戦経験だけでは、初っ端での対応が遅れてしまう。
 長谷部は、ボールの出し所を探して苦労していたが、それ以外は
安定しており、所属クラブで変な起用法をされずにボランチでフルに
出場しておれば、代表でも安定した力を発揮して存在価値がある。

岡崎は、このレベルの相手では全く通用せず、後半の頭から「乾」と
交代させるべきだったと思う。清武は空回りしていてゲームから
完全に消えていた。そして長友は、良く動き走っていたが、W杯予選の
2戦同様に、コンディションが良くないと思われる。プレー面で
負傷の影響が残っているのではなかろうか。身体に切れが無い。

吉田は、ヨルダン戦のミスと同様にプレミアリーグでの経験が本当に
活かされている、あるいは糧となっているのか疑問だった。2点目の
失点は、後一歩遅れており、あの局面であれだけフリーにするとは
信じられない。ブルガリア戦でも感じたが、ポジショニングを修正
する必要を強く感じる。聞いた話では、所属のサウサンプトンでも
ポジショニングでは、かなりイージーミスを冒しているとの事だが、
もしかしたら速い動きへの対応が遅れる傾向があるのかもしれない。

 ブラジルのゲーム運びから学ぶ事はボール回しの意味である。
DFラインで回しているのは、日本のFWとMFをつり出す為のものだし、
ピッチを広くワイドに展開するのは、日本を左右に振り回して疲れさせ、
また守備の組織に綻びを作らせる為のものである。パス回しの為のパスは
無かったのが判るはずだ。
日本のパス回しとは大きく異なり、パススピードが速く、ダイナミックで
斜めに入れるパス、ミドルパスとサイドチェンジを多用していた。

そし3点目の凄いカウンターアタック。
前回の対戦でも日本はカウンターから失点したが、この3点目は、
センターラインよりも深い自陣から、スピードドリブルで長い距離を走り、
日本のDFの動きを観て、対応しずらいスルーパスを通したものだった。
日本だと、あの位置からスピードドリブルで前進する事は、ほとんど無い。
ボールを持った者は、バックパスと横パスを出す為に周囲を見回して、
ゆっくりとドリブルしながら、誰かがパスをもらえる位置に出てくるのを
待っている事が多い。なぜならば、そうやって細かいパスを回して攻める
のが高級なオシャレな攻め方だと洗脳されているからだ。

日本よりも、遥かに格上のブラジルでさえ前回の対戦同様に、格下の日本
相手でも、手数を掛けずに速攻の方が得点できると判断したら、あのような
カウンターアタックを仕掛ける。

 そして我が日本代表は、パスを出すスペースを消されてしまい、
前線の動きが無いと、個の力、例えばドリブル等で、局面を打開出来ずに
横パスを繋ぐしかなく、プレスを掛けられるとバックパスか、ミスをして
ボールを奪われるという見るも無惨な光景となってしまうのだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/841-adb0afda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。