サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルグアイ戦から受け入れる事

 W杯ベスト4の強豪ウルグアイに対して2-4という結果は、
普通に評価すれば、必ずしも悪くないのだが、W杯優勝という
現実無視の目標と、コンフェデ杯での順当な3敗を正当に
評価できない、バカマスコミの為に、大惨敗のような雰囲気に
なってしまった。
 よく考えて見よう。大敗や連敗を受け入れる事に納得出来ない
ならば、格下の弱小チームとだけゲームをすれば良いだけだ。
「ブラジル」「イタリア」「メキシコ」「ウルグアイ」
勝ちこすよりも全敗の方が、はるかに可能性が高いではないか。

したがって惨敗ではなくて順当な敗戦と評価して受け入れるのが
常識人であり、正常な神経と判断力を持った人間なのだ。

本田と香川の2人のワールドクラスを軸にした攻撃陣は、これらの
強豪相手にも戦えたが、3流以下のCBが並ぶ守備陣は、ほとんど
無抵抗に近い惨状で、【順当に失点した】

 特に吉田の惨状は目を覆うばかりで、失点の内容が悪すぎるのだ、
確かに格上の相手とはいえ、あのような自滅に近いパターンで失点
すると、周囲の選手の信頼を完全に失うであろう。
 ウルグアイ戦の1点目は、スピード不足だけでなくて、
ポジショニングの悪さと、相手FWとの駆け引きの拙さという側面の
方が大きいだろう。コンフェデ杯では散々お粗末なプレーでピンチを
招き、挙句の果てに簡単に破られて失点した経験が全く活かされていない。

 これでは、吉田は学習能力が全く無い人間としか思えないのだ。
3点目など、一見クリアーミスのように見えるが、ポストプレーにしか
見えない。あの局面で、ペナルティーエリア内で相手FWが傍に居る
遠藤にパスを出す選択などは、絶対にあり得ない。

おそらく人類の歴史上起こった不可解な現象の一つとして記憶されるのは
確実であろう。

吉田と遠藤との連係ミスでも、吉田のクリアーミスでも無く、
吉田の異常な判断と見るのが正しい。

攻撃陣には「本田」「香川」の2人のワールドクラスの人材がいるが、
中央の守備を固めるCBとボランチには、この2人に匹敵する人材が
居ないのだ。だからW杯ベスト8クラスの強豪相手にも得点したり、
チャンスを作る攻撃が出来るが、跳ね返し抵抗する守備力は無い。
こう分析すれば、現在の惨状は「当然の事」「理に適ってる」のだ。

これで、ハッキリと判ったし、誰もが認めざるを得ない事として、
DFラインを高めに位置して、前からプレスを掛ける戦い方は
世界のトップレベル相手には通用せずに、カウンターからの攻撃には
ほぼ無抵抗に近い状態で自滅して大量失点する事を指摘したい。

このゲームで得られた成果の一つに吉田はハーフナーよりも
ポストプレーが遥かに上手いという事があげられる。
次回も代表に選ばれるとしたらCBではなくCFでだろう。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/843-72f32d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。