サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツでは練習は非公開にするべきだ

 日本代表の合宿に、土曜日に13000人が集まり話題になったが、日曜日は23000人と更に増加。

 サッカーのサポーターだけではなく、一般大衆の間でも興味と関心を集めて、国民的な関心事になったし、とうとう4年に一度のお祭りイベントになりつつあるのが判った。

 WBCが、準決勝あたりから急に関心が高まったのと大きな違いで、W杯はまだ開幕してない段階でこの盛り上がりは凄いな。

 代表23人の発表までは、以外に盛り上がりに欠けているよな雰囲気だったけど、欧州組みが次々と帰国して、Jビレッジで合宿に入ってから一気に盛り上がってきた。
 
 第一戦の「オーストラリア」戦は大切なんだが、ヒディング監督は、日本を警戒してるなんてコメントが出てるけど、もう対策はバッチリと練っているはずだ。
 日本は去年とほぼ同じで、メンバーも戦術も大きな変化はないのだから、実際には解析済みで問題なしで、腹の中では、「クロアチア」対策で頭がいっぱいなのかも知れない。

 ここで、ジーコにお願いしたいのは、ドイツに渡ってからは、練習は非公開にして、対戦相手国の徹底的な対策を研究してもらいたい。

 一般公開&スタメン事前発表は、スカウティングで一歩相手にリードを許す事になる。例え、0,1%の確率であっても、勝利の可能性が高まるならば、あらゆる策をとるべきだ。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/95-94ea70ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。