サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブライセンス制度を歓迎する

Jリーグが2013年から導入する「クラブライセンス制度」の概要を公表した。

 重要なのは競技面や施設面ではなくて、財務や人事組織面だと思う。
スタジアムの収容人数とか照明のルックスとか、リーグ戦の順位の事ばかり
に重点を置いて取り上げるのは、サポーターや地域住民や自治体に、過ちを
繰り返す要因になるから辞めてもらいたい。

 特に注目するのは、直近のシーズン3期連続で赤字になったり、債務超過に
陥ったクラブは、ライセンスが交付されずに、JFLなどの下部リーグへの降格に
なるという点である。本来は、もっと早く導入されるべき事だったのだから、
やっと基準を決めたわけで、Jクラブが地域密着のスポーツ組織として、
健全な道しるべを与えられたという事だ。

 これによって、一年でも早くJリーグ入りを望むあまり、3流選手やピークを
過ぎたベテランに対して、狂ったような人件費の大盤振る舞いを行ったり、
収支を無視した強化費の奮発なども激減すると期待したい。

 要は強いチームを作る事よりも、まずはクラブの基盤を固めなさい。
スター選手や日本代表選手が居なくても、地域に密着して住民や地元企業に愛されて
組織も運営も財政状態も悪くない、後は競技力だけという体制を作り上げておいて
【満を持してJ2へJ1へ昇格する】それが理想ではないかと思う。

祝!ハーフナー・マイク・ フィッテセ移籍決定

 ハーフナーのフィテッセ移籍が正式に決定して練習にも参加したが、
本当に良かったと思う。今後どうなるかは判らないが、日本に居るよりも
確実に成長するだろう。
 オランダリーグでプレーする事で、もっとフィジカルが強くなるだろうし
、ポストプレーやCFにとって大事なプレーが身に付く事を期待したい。
折しも、甲府の新監督は、FC東京で限界を露呈した「城福」だ。

 ザックは、代表で、ハーフナーに、もっと中央で構える事、得点を狙う
為のDFとの駆け引きやマークを外す動きを教え、要求したとされている。
フィッテセのフロントも「期待するのは得点」と発言している。

CFも動き回らなければいけないとかで、190CM以上の長身大型のCFに

両サイドに開いてクロスを入れる事
中盤に下がってパスワークに加わる事


そういう愚かな要求を行い、選手を混乱させて、いざという時には、ゴール前に
いなくて得点チャンスが無い。そういう【走り回りバカ】のスタイルの犠牲に
ならずに済んだのは本当に良かったと思う。

 もし甲府に残って居たら 城福の下で、最悪、来年の今頃はベンチ要員か、
ゲームに出ても、サイドに開いて誰もいない中央にクロスを上げるか、
仕方なくバックパスをするか、味方が上がってくるのを待ってるうちに、
タッチに出すか、相手に取られてしまう選手になってる。


そして代表にも召集されなくなってしまい、代表のFWは小型で走り回る選手しか
残らないという、日本サッカーに対する背信行為、有望な長身大型のFWを潰す
愚かなコーチングの犠牲にならずに済んだのだ。


柏レイソル優勝は小見の成果でもある

 柏レイソルのJ1昇格初年度優勝おめでとう。

 優勝の要因は、監督にネルシーニョを招聘した事に尽きるが、
それとともに、招聘したフロントの小見の判断も評価するべきだろう。
クラブの強化の責任者の選考を間違えたら、その時点で運命も大方
決まるようだ。対象的なのが浦和レッズだったから、ゲーム終了後に
サポーターが怒り狂うのも判るような気がする。

現在J2のクラブ、またJ1だが中位から下位、そしてJ2をエレベーター
のように上下してるクラブは、サッカーの判るフロントを増やさないと
いけない事を自覚して欲しい。GMも同様で、ネームバリューよりも才能と
実績で起用しないとクラブがダメになる。

スポーツ紙の評論家やテレビの解説者と、このようなエレベータークラブの
監督を行ったり来たりしてる人物が居るけれども、全く良い成績を残さず、
いつも同じ事を繰り返してる。それはクラブのフロントの責任だし、
実績という物の評価の仕方を勘違いしてるとしか思えない。

他のクラブの成功や失敗から学ぼうとしないし、デタラメなフロントだと
天下に公言したようなものだ。

元日本代表とか、五輪の監督だったとか、選手時代に優勝経験があるとか
、そんな事で評価して選んで結果が出なければ、それはフロントがバカなんだ。


例えば、J2のクラブをJ1に上げたってのは、評価出来るけれども、J1で
実績を残さず、途中で更迭&辞任とか、そのような人物をJ1のクラブは監督に
呼んじゃいけないんだ。ここで名前を出さなくても、そういう便利屋みたいに
思われてる人物を、すぐに何人か顔を思い浮かべると思う。

大熊(FC東京)や小林(山形)あたりは、J2⇒J1を狙うクラブには
良い人材だと思うから、どこか監督に招聘する所は無いのかな。

サポーターの皆さんは、自分がサポートしてるクラブの監督に、評論家と監督を
行ったり来たりしてるような人物が就任しないようにチェックしましょう。

山形のJ2降格に思う

 山形のJ2降格は非常に残念だが結果としてみれば止むをえないし、
予測出来た結果とも言えよう。
 
 今シーズンは、ボールをキープしてポゼッションサッカーを目指したが、
上手く行かなかったと伝えられているが、この戦術選択、チーム作りが
致命的なミスと言って良いだろう。監督もフロントも選手も、サポーターも
そのようなスタイルで勝てれば楽しいし、観ていても面白いだろうから、
理想として目標とするのは判るが、現在のメンバーで、そのようなサッカーが
出来るかどうかを問わねばらならない。更には、他のクラブとの戦力比較を
行って、どれだけのリスクを負わねばならないかも計算する。

そう考えたならば、今シーズンの戦い方として戦術が適切だったのかを
検証しなければならない。

 Jリーグ全部が同じ戦術やチーム作りを行う必要は無い。
それぞれのチームの事情や戦力に応じて行うべきなのだ。

 

スポーツ紙の浦和レッズ担当記者は説明せよ

浦和レッズが連敗中だが、一体どうなっているのか?

フィンケが去って、浦和を知っているペトロヴィッチが監督に就任して、
今シーズンは圧勝、大勝の連続で首位独走、全てのタイトルを獲得する。
一部のスポーツ紙の報道を観ていたら、そのように確信したサポーターや
読者の大勢いたかもしれない。
 フィンケさえ居なくなれば万事上手く行くような記事がオンパレードで、
今頃は、開幕5連勝で30得点以上、失点0の成績を上げていても不思議
じゃなかったと思う。ペトロヴィッチは欧州の名門クラブや代表チームの
監督でタイトルを何十個取ったんだ。まさか実績があまり無いのに、監督
就任を打診して契約したなんて事は絶対にないだろう。

 ここまでの成績で浦和以外のサポーターも十二分に判っただろうが、
スポーツ紙というのは、クラブの成績や未来への展望やサポーター達の
気持ち等どうでも良いと思っているとしか思えない。
 要は、練習の完全オープン、選手への自由な取材、記者会見での
手取り足取りの丁寧な説明を全面的に受け入れてくれる監督が良い人材で
フィンケやトルシエみたいなのは、ウルトラ悪魔のような存在だから、
批判と個人攻撃の集中砲火を浴びせて、追い出したいだけで、その為に
サポーターを利用したんだと思えば良いんじゃないか。

 スポーツ紙が悪の元凶扱いした「フィンケ」が去ったのに、
なぜ浦和レッズは勝てないのか?おかしいじゃないか!!!


FC東京は大熊の指導力を考察するべきだ

 FC東京が苦戦しているが、J2での戦い方、相手の守備的な戦術に
戸惑っているのであろう。しかし、これは十分に予想された事だから、
今更、嘆いたり、悩んだり、困ったりする方がおかしい。

主力選手が残ったから、1年でJ1昇格出来ると、選手達が軽く、甘く
考えていたならば、J2に降格するはずがないと思っていた1年前と
全く同じ精神状態という事ではなかろうか。

 もし、そうだったら、このクラブの根本的な体質に問題があるわけで、
サポーターも含めた大改革をやらないといけないかも知れない。
首都東京を代表するクラブという自負があれば、伝統やプライドや厳しさ
等が育まれるべきで、スタジアムが面白おかしくパフォーマンスを行う場
になってはいけない。

まず、今後も、このような成績が続くならば、早い時期に監督の交代を
行うべきだ。「相手が極端に守備的で、それをこじ開けて得点を狙うのが
難しい」ならば、それを打開できるような人材を探して来なければいけない。
「大熊」は過去のクラブやU-20でのゲーム内容と実績を観れば、
リアクションサッカーを得意とする指揮官ではないだろうか。このように
他と比べて能力が高く個性的な選手が多く、ボールぽポゼッションで上回る
サッカーが可能なシチュエーションの中で、選手を活かして使いこなせる
指導力があるのかをチェックして結論を出した方が良い。

更新が大幅に滞りましたが、やっと復帰しました。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

Jクラブも代表と共通の弱点がある

 ACLの日本勢のゲームぶりを見て感じるのは、かなり苦戦している事だ。
まず対戦相手が、随分と研究してきているのが判る。
長所を消して弱点を徹底的に突いてくる。日本勢に勝つ為にはどうすれば良い
のかという課題への答えを見つけている。

 細かいパスを繋いで組み立てて攻めるのではなく、ボールを奪ったら、手数を
掛けないで一気にゴール前までボールを運んでくる。そして高さで勝負を仕掛ける。
あのような戦い方は一見、格下のチームの戦い方のように見えるが、日本には
極めて有効なのが判る。日本チームのパスをカットして奪ったら、即、攻撃に出る。
日本のようにじっくりとバックパスや横パスを回して時間を掛けて攻めてこない。

 特にセレッソとグランパスは、ボールをキープしてチャンスは作るが、まるで
得点出来る気がしなかった。むしろパスをカットされてピンチを招くシーンが
目立ったではないか。相手のプラン通りにゲームが進行して終わってしまったのだ。
大会はまだ序盤戦だから最終的にどうなるかは判らないが、Jクラブ全体の課題と
とらえて対策に取り込んでもらいたい。

 中盤での綺麗なパス回し、特に無駄なバックパスと横パスを多用する戦術は一考
するべきで、適切なカウンター対策が出来ていない場合には、パスをカットされたら
ピンチになる事に、もっと危機感を持つべきだ。

そして代表チーム同様、クラブレベルでも「高さの無い弱点」が徹底的に狙われてる
平均的な日本人から見たら長身でも、サッカーのCBとしてみたら、低いのだから、
サッカー界全体が、もっと危機感を持つべきではないか。確かに低身者でも上手い
守り方は出来るが、ここまでやられたら対策を練るしかないと思う。

 もう、みんなが判ってる。
FKをゼロにするのは不可能に近く、特にアウエーでは、嫌でも相手チームにFKが
与えられるのは当たり前だという事。だから、相手にセットプレーのチャンスを与え
ないように守備を気をつければ良いなどという解説や記事など、現状無知の暴論だ。

 苦労してチャンスをたくさん作って、やっと得点したのに、高さの無い弱点を突かれ
簡単に失点して負けるのはチーム作りと選手育成に欠陥があるか失敗だと評価しないと
改善されないのだろうか。
 

Jリーグのキャンプ報道に関して

明日はJリーグの開幕。

本来ならば、順位予想をするのが望ましいのだろうが、
情報量が少なすぎて、各チームの戦力分析が出来ないので無理に予想しない。

 大体、メディアの傾向を見ると、昨シーズンの順位を基本にしたり、
選手の移籍による戦力判断をしているが、問題は客観的に分析しているのか
どうかが判らない事で、担当記者のクラブや選手への思い入れが強すぎると
その意思が反映してしまう危険性があるために信頼性に欠ける事か。

そういう不安はあるものの、もっとキャンプの内容を伝える記事や映像が
見れてチェック出来れば良いのだが、非常に残念で不愉快な事に、情報が
少なすぎる。プロ野球は、どんなに不人気で成績が悪かったり、スター選手が
不在の球団でも、毎日、なにがしかの情報にお目にかかれる。

ご丁寧な事にスポーツ紙は、キャンプに見学に来てるファンの人数まで掲載
しているから、ピンからキリまでハッキリと判る。
球団名は出さないけども、一般人や読者はもとより、ファンにだって需要が
少ないにも関わらず、プロ野球チームだというだけで、記事にしたりテレビの
スポーツニュースで取り上げられてるのだが、クラブによってはJリーグの
クラブの方が多くのサポーターを集めてるはずなのに、それがメディアの扱い
に反映されてないわけだ。

 まるで慣習のようになっている、この傾向を断ち切って、そろそろ、
不人気な野球チームよりも人気のあるJリーグクラブの扱いを大きくして
くれても良いのではないだろうか。同じプロスポーツである以上、人気商売
として見た場合、人気があってキャンプに訪れる人が多いか、実力があって
優勝候補に挙げられるようなチームを大きく取り上げるべきではなかろうか。

スポーツ紙の扱い、テレビやラジオのスポーツニュース、それにCS放送局。
来年の今頃は、Jクラブのキャンプ情報が適切に扱われているような環境に
なっているように、サポーターの皆さんそれぞれの想いを届けましょう。

更新が滞っていますが、超多忙なのと他のブログ、特に映画関係の方のレビューの
作品チェックと下書き作業に時間を取られてました。今月はもっと更新したい。 

FC東京・村林社長辞任について

 FC東京の村林社長が辞任するという。
残念な事だが今シーズンの成績では止むを得ないだろう。

自分も村林社長とは何度かお会いして、お話させていただいた事がある。
情熱的で人間味溢れる方で、一度会ったら誰でも好感を持たれるはずだ。
だが、今シーズンは、それが災いしたというか、大凶に出てしまったと
いう事なのかもしれない。

 例えば、城副監督を引っ張りすぎたのは明らかで、もっと早い時点で
解雇するべきだったと思う。そのあたりの最終的な決断が遅すぎた訳で、
結果的に、自分も責任を取らざるを得ない状況を作ってしまったのだ。

 後任の幹部の方達は、同じ失敗を繰り返さないように望む。
来シーズンも大熊監督で行くのは構わないと思うが、J1昇格後も継続
では、非常に不安だ。クラブの功労者とか内部事情を良く知ってるとか、
選手やスタッフの人望が厚いとか、そういった理由で継続ならば、また
降格の危険性が高いと思う。

 J2からJ1昇格が決まったら、監督や各コーチ陣の見直しを行い、
特に監督はJ1で実績のある人物か外国人に絞ってほしい。

選手もスタッフも同じ仲間でJ1も闘いたい等と言った「浪花節」は
絶対にゴメンだ!!! また監督やコーチ人事は、J1で失敗した人物を
頼るなと言いたい。


マリノスの大量解雇に関して

 マリノスの大量解雇がサポーターの反感を買っているようだが、
一番の問題はクラブ側の説明不足だと思う。自分は今までもそうだが、
基本的に選手やコーチングスタッフ等の人事に関してはクラブ側が決定権を
持っているのだから、方針が決定したら、それに沿って実施すれば良いだけ
で、選手もサポーターもそれなりに割り切っておく覚悟が必要だと思う。

 ただし、理に適っている人事と理解に苦しんだり、意味が不明な人事とを
一緒にするのはかなり難しいと思う。例えば、30代の大ベテランで、
クラブに残る、あるいは残したいとしたら、もう引退してコーチ業かフロント
入りしかないような選手を解雇するか、選手が拒否して移籍というのは、
当たり前の事で、騒ぐ方が間違っている。

具体的な例を挙げれば、ヴェルディがラモスを、鹿島が秋田を外へ出したのは
正しい判断として評価される。

今回のマリノスの場合は情報不足、説明不足で、まだ「山瀬」「坂田」等は
現役続行が可能で、90分が難しいならばスーパーサブという役割で良い。
あるいはクラブ側が、指導者やフロント要員として期待して居る為の人事だが、
選手本人がそういう形での起用に納得出来ないとか、まだ現役に執着している
ので、双方の考え方に開きが大きい為、契約打ち切りという状況ならば、
判りやすい決断だと思う。

 しかし、まだ現役で使える選手を世代交代を進めたいので契約しない、
解雇する。それでは、クラブの将来的な方向性やポリシー等に関して不安感を
持つサポーターが居ても当然ではなかろうか。
 世代子交代というのはまだ使える選手を切り捨てるのではなくて、今シーズン
よりも出番は少なくなるとか、来シーズンはサブに回ってもらうって事で、
いきなり解雇では、年齢的なバランスの悪いチーム構成になってしまう危険性
の方が大きくリスクが高い。

マリノスはレッズのように才能のある若手が何人もレギュラークラスに居て、
将来の事を考えた采配や戦術で1シーズンを戦ってきたわけではないのだ。

監督の木村和司の意向ならば、来シーズンの成績によっては監督解雇、支持した
GMの責任追及は避けて通れない。要はベテランで将来の事も考慮して、
フロント要員として残す人材と、外へ出して外の空気を経験させてから戻す人材、
今後は一人のOBという形でしか関りを持たない人材。
そのようなクラブの戦略に基づいた人事なのかが見えてこないのが現状だ。
そのような話がGMや木村監督から出ていないならば、何か行きあたりばったり
といった感じを持たれても仕方が無い。

テーマ:横浜Fマリノス - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。